セフレとの友達関係

セフレ掲示板を友人から勧められて早速登録してみました。

登録した途端にたくさんの人から連絡が来るのだろうかと思っていたら、それは甘い考えだったようで、自分から行動を起こさないで待っているだけで次から次へと連絡が来る…といったことはないようです。

そこで、せっかく登録したのだからと今度は自分からも積極的にアプローチしてみることにしてみました。

さすがにそうなると反応もあり、たくさんの人からメールを頂きました。

そして最初はどんなものなのかよくわからないため、とにかく手当たり次第会ってみることにしたのです。
セフレというとすぐに会ってHをする、というようなイメージがありますが、僕は人によって違うのではないかと考えています。

たとえば僕の場合は、普通の恋人募集のときのように会って食事をしたり、話をしたりして時間を過ごしました。

中には意外に思った人もいるようですが、セフレといえ、相手の性格や考えかたなどがわからずにただHをするというのは気が乗らなかったのです。

そして何人かに会っているうちに、特に気になる女性ができました。

彼女とは話していても楽しいし、何でもおいしそうに食べる人で食事をするときも、とても楽しく過ごすことができました。

そんな彼女とは3回目に会ったときにHをしましたが、すでに二回会っているせいかとても良い関係を持つことができました。

やはりセフレと言え、いきなりHをするより最初にお互いのことを知っておく方が良いと僕は思います。

その後も会うたびにほとんどHはしますが他に会話をしたり、一緒に映画を見に行ったり、スポーツ観戦をしたりすることもあります。

おそらく他の人たちから僕達を見ると、きっと恋人同士のように見えるのではないでしょうか。

セフレの探し方

セフレとはどういう意味か推察できるかと思いますが、セックスフレンドという単語の略になり、セックスを自由にしたいと思う男女によってつくられる関係のことです。

そもそも男性のほうがセフレを求めることが比較的多かったと思われますが、最近では女性がセフレを求めるということも少なくありません。だからこそ、セフレを求める人の数自体がかなり増えてきているということもあり、セフレという言葉自体の認知度も上がってきているのかもしれませんね。

ではセフレを探しているという人は、どのようなところでセフレを探しているのでしょうか。

一時期はそれこそナンパなどからセフレの関係に持ち込むということも行われていたようですが、それを全員が行うようではあまりに効率が悪いといえますよね。

現在ではなおさら、そういったナンパなどから相手に興味を持ち、最終的にセフレの関係にまでなるということはまず考えられません。

セフレという言葉はその当時では、恋人としてのつもりで付き合ってみたものの、結果的に別れることになりながらも、セックスの関係だけは続いている、そんな関係のことを指していたものなのかもしれません。

最近では、そういった現実世界でセフレを探すということではなく、ネット上で探されることが多いようです。

セフレ募集が行われているような掲示板も多くありますから、お互いにセフレのことを見つけることが容易になってきているといえます。まず掲示板を見ることでセフレ探しを始めることができるのでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ